外国人の不法就労防止について

2011年06月03日

 外国人の不法就労は法律で禁止されています。外国人(「特別永住者」、「外交」及び「公用」は除く)を雇用した場合や外国人が離職した場合は、ハローワークへ届け出が必要です。不法就労させた場合は、その外国人だけでなく、事業主も処罰の対象となります。

【 外国人を雇用する際のポイント 】
  ① 外国人登録証明書の有無を確認してください。
  ② 外国人登録証明書の「在留の資格」の滞在目的、及び「在留期限」を確認してくだ
    さい。

 添付のリーフレットの内容をご覧いただいて、外国人の不法就労にご注意ください。

不法就労防止リーフレット.pdf (不法就労防止リーフレット.pdf)
Previous トップ一覧へ 一覧へ Next